BLEACH 第46話「実録!死神の学校」感想

今週はまたしても、主人公不在!(苦笑)
恋次、吉良、雛森の3人メインでお送りしますっ!
それでは、今週の感想いってみます~

恋次、吉良が牢から脱出、雛森ちゃんが何かを決心したところから
スタートしましたね!ここから3人の昔のエピソードに持って行くのは
凄い良いと思いました。

そして、ココで出たよっ!!ギンのセリフ!

『ついておいで・・・イヅル』
待ってました!!やっぱり、このセリフがないとっ!!
先週なかったから、てっきりカットかと思ったら今週きた!


さらに、ちっさいシロちゃん出たっ!!
か、可愛いっ!何だか無駄に可愛いのは何だろう(苦笑)

吉良のお墓参りに、恋次、ルキアの出会いは無かったですね
あのシーン何気に気に入ってたからちょっと残念・・・。
木の上から落ちる恋次が見たかったなぁ(苦笑)

霊術院時代の事が細かく描かれてました。
破道練習の時の恋次が、あまりにベタすぎ・・・。(苦笑)
詠唱破棄で爆発って・・・・オイオイ

その後吉良相手に剣術の稽古で
思い切り突いた後、やり過ぎだとクラスメイトに言われる恋次。
何だか扱いが・・・。(苦笑)

そして、護廷十三隊の隊長が学院の視察に来る事に、
まさか・・・・・って思ったら
そのまさかっ!!

愛染隊長、市丸副隊長出たっ!!
てっきり、ここで愛染隊長は雛森ちゃんに目を付けるのかと思ったら
そんな事無く通り過ぎただけだった・・・。
でも雛森ちゃんに印象付ける事には成功(笑)

それを、シロちゃんに報告する雛森ちゃん。
もちろん、面白くないシロちゃんは食べているスイカの種を
雛森ちゃんに飛ばしてます(苦笑)
いや可愛いんですけど、種飛ばしは何だかシロちゃんのイメージじゃない気が・・・。
でも、スイカを食べるシロちゃん可愛いよ!ホント可愛いよ!(しつこい)
しかし、今のシロちゃんとギャップがあり過ぎだよ(笑)
雛森ちゃんの方が結構年上だけど、
今じゃ何だかシロちゃんの方が年上に見える・・・。
でもまぁ、それも面白いですけどね!(笑)

実習で現世に向かう恋次達。
ここでも原作と設定がちょっと違いますね~
原作では、魂葬の実習だけど、
アニメでは、ダミー虚を使った戦闘訓練に変わってます。

そして、檜佐木さん登場っ!!
やっぱ、カッコ良いっす~!!カッコ良いっす!!

組分けをして、恋次、吉良、雛森の3人になった時
吉良君の雛森ちゃんに対する行動が全て
カットになってたよ・・・・。
何処まで不憫なんだ吉良君・・。(苦笑)

現世での戦闘実習の開始!
恋次達は3人で虚を追い詰めていき
虚を倒して、簡単に実習終了っ!!
集合場所に戻る最中に何かを感じる雛森ちゃん。

ココからは、これからの大きな伏線になる
出来事になっていきますっ!

集合場所では、檜佐木さんが結界組に連絡を
取るがまったく繋がらない。
・・・既に殺されていた結界組・・。

そして、巨大虚(ヒュージホロウ)の登場っ!!
蟹沢と青鹿さんを一瞬で殺され、
檜佐木さん1人で頑張って戦いますが、
やはり檜佐木さんでも厳しいです・・・。
ピンチの檜佐木さんのところへ間一髪
恋次達が助けにっ!!
う~ん、このシーン好きだなぁ~

逃げる恋次たちを囲む巨大虚・・・。
これまでかと思ったその時
一瞬で貫かれた虚っ!!

愛染隊長、市丸副隊長、再び出た!
本来なら、おぉ~!!ってところなんでしょうが、
何せ先を知ってるとこの登場シーン

「待たせて済まない、救援に来たよ」

って、わざとらしいよっ!!って思っちゃうんですよね(苦笑)
しかも、この時からすでに愛染隊長は雛森ちゃん狙いかよっ(笑)

そして原作では無かった、戦闘シーンがありましたよっ!!

「射殺せ 神鎗」出たっ!!
しかもギンちゃんの目が!目が!ちょっと開いてたよ!!

さらに片手で巨大虚を消滅させた愛染隊長・・。
目つきが、ちょっとブラック愛染になってるよっ!!

最後、看守を気絶させた雛森ちゃんが
何だか凄い怖いんですどっ!!
何ですかアレ!ブラックになってるよっ

原作知ってるとこんな感じになっちゃいます・・・。(苦笑)

先週と同じく、雛森ちゃんのアップで
今週も終わり・・。次週へ続く!!

原作の最後のシーン
扉を通って戻っていくところ好きなんですけど
このシーンもカットですか・・・まぁ話が繋がらなくなるから
しょうがないですけど・・・。

死神大図鑑
十一番隊 平隊員
荒巻 真木造


来週はいよいよ、シロちゃんVS雛森、それとシロちゃんVSギン!ですね!
シロちゃんいっぱい出て嬉しいなぁ~!

BLEACH 尸魂界 潜入篇 3
BLEACH 尸魂界 潜入篇 3 [DVD]

"BLEACH 第46話「実録!死神の学校」感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント