WONDER TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS NARUTO 第152話「生あるものへの葬送曲」

<<   作成日時 : 2005/09/22 19:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週からまたオリジナルストーリーでございます・・。
カカシファンからは早くカカシ外伝をやれっ!と言う声が聞こえてきそうですが(苦笑)
それでは感想いってみます!

NARUTO -ナルト- 3rd STAGE 2005 巻ノ九
NARUTO -ナルト- 3rd STAGE 2005 巻ノ九



最近NARUTOの感想は一日遅れになりつつありますね・・・
今回は時間があるのでいつもより丁寧に書いてみようと思います!

まずはオープニングから、NARUTOには珍しくシリアスな展開・・・。
生きた人が入ってるらしい棺を埋めなが
「あぁ、葬式は良いよなぁ〜!!」って言ってる人が
今回のボスっぽいですね

その光景を見ていた、ロクスケ、ハチダイ、サンゴロウの3人は
助けを求め逃げ出すが、
3人の行動に気付いた仲間は「また、葬式が出来そうだ」と呟く。

逃げ出した3人は途中で落石に会い川へと落ち流されるが
ナルトによって助けられ、木の葉の里へ運び込まれた。


シリアスな展開はこの辺まで、この先はいつも通りな展開に(笑)

火影の部屋では、綱手様に報告に来ていたいアンコ先生が
最後の1串の貴重な団子を食べてしまい怒られたり・・と
相変わらずな展開です。
でも怒られるアンコ先生が可愛いかったり・・・。(苦笑)

そして、ガイ班に新たな任務が下る。
しかし、ガイ先生にはS級任務がある為
今回は同行せず、変わりにナルトが加わることに。

任務とはナルトが拾ってきた3人絡みの任務だった。
3人は川の国・カタバミ金山から、木ノ葉の里へ任務依頼に来たらしい
カタバミ金山には、村の警護を口実に「黒鍬ファミリー」と名乗る、
ならず者が入り込んでいて、
黒鍬雷牙らは村を支配し、村人たちを理由もなく殺しているという。

綱手はナルト、リー、ネジ、テンテンを集め
「ロクスケら3人をカタバミ金山に送り届け、黒鍬ファミリーを排除せよ」
との任務命令を下す。

しかし、あまり乗り気じゃないナルトは
「何でそんな簡単な任務に俺を呼ぶかなぁ〜」と不満を漏らすが、
「お前は何様だ! 呼んでない任務には強引に入って来るくせに
下忍の分際で任務を選ぶなっ!!アカデミーへ送り返されたいか!あぁ?」

と綱手様の怒りをかうナルト(苦笑)

小隊長に選ばれたネジ兄さんへ
「糸の切れた凧を手なずけるのも良い修行になる」
とナルトを任せるが、
「嫌です!が、解りました」とネジ兄さんに言われ
さらに怒りのボルテージが上がる綱手様(苦笑)
ナルト達が出て行った後、遂に怒り爆発!椅子をぶん投げる綱手様・・・・。
今回の綱手様は機嫌が悪いので、あまり刺激しない方が賢明ですね

そして、今回もサクラちゃんがちょっと出てました。
怪我した鳥を治療するサクラちゃん。
どうやら綱手様の元で頑張って修行している様ですね
が、良い感じの雰囲気のところへリー君登場(苦笑)
あからさまに邪険にするナルトを連れて一楽へ。

何気に、綱手様の投げた椅子を拾ってくる
コテツとイズモがウケる(笑)
相変わらず、綱手様に良いように使われてるようで(苦笑)

一楽でラーメンを食べながら
リー君から黒鍬ファミリーのボス雷牙が
「霧隠れ 忍刀七人衆」だという
ガイ先生からの情報を聞くナルト。
しかし、イマイチ良く解ってない、って言うか忘れてるナルト(苦笑)

「忍刀七人衆・・って何だ?」
「波の国の任務で戦ったって言ってましたよ、その時」
「あぁ!!再不斬! ・・んで?」
「それと、ガイ先生やカカシ先生が戦った干柿鬼鮫、これもナルト君は会ってるって聞きましたよ?」
「うん、知ってるってば ソイツ」
「二人とも、かつて霧隠れの里の 忍刀七人衆と呼ばれていたそうなんですよ その時、干柿鬼鮫と一緒に居たのは?」
「あぁ!!イタチって奴!・・・んで?」
「まだ解りませんか? 雷牙が忍刀七人衆の1人であるなら、鬼鮫と一緒に居た、うちはイタチと繋がってるかも知れないじゃないですか!!」
「おぉ〜!!・・・んで?」
「イタチを追っていたのは誰ですか?」
「解ったっ! サスケ!!」

この一連の流れが結構好きだったり・・
・・・・・リー君、お疲れ様です(苦笑)
ナルトと話をするのは何だか疲れそうな感じですね〜・・・。
って、事でもしかしたらサスケの情報、もしくは暁の情報が
手に入るかも知れないって事のようです。

そして、いよいよロクスケ、ハチダイ、サンゴロウを送って
カタバミ金山へ出発っ!!

途中で、リー君の馴染みの店
「命のカレー屋」へ寄り食事にすることに・・・。

リー君が馴染みになるまでのエピソードが語られた訳ですが、
相変わらずリー&ガイ先生は無謀な修行をしてた様で(苦笑)
3日も寝ながら走り続けていたリー君はとうとう
倒れてしまうが、それを助けたのが
このカレー屋のばあちゃんだったって訳ですね。

・・・てか、リー君を起こすのに何故カレーを食べさせるんだ(苦笑)
なかなか起きないリー君に
どんどんカレーの味付けを変えていくばあちゃん・・・。
何か間違っている気がします・・・(苦笑)
さらにカラシ君まで味付けに参加
って、明らかに入れてる物おかしいですからっ!!
高麗人参はまだ許せるとしても
何かの幼虫とトカゲ、スッポンって・・・
入れれば良いってものじゃ無いですよ。

「こんな頑張る人見たこと無いっ!」って
リー君に感動しているカラシ君。
いや、単にやり過ぎてるだけですからっ!!

そんなエピソードを聞いた後に出てきたカレーは
明らかにおかしい色をしたカレー・・・ブクブクしちゃってます。
誰も口をつけない中、リー君が食べ「うまーい!」の言葉に
他のメンバーも次々とカレーを口へ運ぶが、
その結果は・・・言わなくて解りますね・・見事に全滅(苦笑)

カラシ君が見当たらない事に気付いたリー君
どうやらカラシ君はリー君を見習い元気になった後
黒鋤ファミリーの一員になってしまったらしい。
リー君の頼みで、任務の中にカラシ君の救出も含まれる事に。
そもそもリー君を見習う時点で既に間違っていた気が・・・

しかし、その夜ロクスケが一人姿を消す。
どうやら一人でカタバミ金山へと向かったとの事
急いで後を追うナルト達。

その様子を感じ取った、雷牙の仲間は
「来るよ、誰かが・・」
「また、葬式出さなきゃならねぇなぁ・・」
と呟いて、次週へ続くっ!!

えぇと、ここまで書いておきながら、
あまり面白くなさそうな感じの
オリジナルストーリーですね・・・(苦笑)
まぁ、ネジ兄さんが出てるから良いけど・・・

この最後に呟いていた人が
もしやカラシ君だったりするんでしょうか?


−次回予告−
『心に届け!愛の鉄拳』

来週はいよいよバトルみたいですね!
テンテンは活躍するのでしょうか(苦笑)
原作でもアニメでも扱いが一番酷い気がしますが・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
NARUTO 第152話「生あるものへの葬送曲」 WONDER TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる